2012年10月02日

飛蚊症に効果のあるサプリメントのこと

網膜に多く存在する成分で、抗酸化力に優れており、光によるダメージから網膜(カメラでいうところのフィルムの役割をしています)を保護する働きのあるルテインなんかも、飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)の改善に良いとされている栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)です。ビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)やビタミンEは抗酸化作用(体内で生成される抗酸化酵素や体外から摂り入れる抗酸化物質がその働きをします)成分である代表格ですから、積極的に体内へ取り入れるようにすると良いですよ。



けれど、その飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が老化やストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)と言った、生理的飛蚊症であれば、サプリメントによっては改善の余地はあると言えるでしょう。現在、飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)に対して有効な治療方法は、残念ながら見つかってはいません。



サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)は、決して即効性のあるものではない為に、劇的な改善を期待することは難しいものですが、時間を掛ける事によって徐々に症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を緩和してくれる働きがあります。同じく、硝子体を構成する成分で、硝子体(水晶体の後ろにある眼球の器官の一つのことです)膜に多く含まれているコラーゲン。



例えば、人間の目の中には細かい血管がすごくたくさん通っていらっしゃるでしょうねが、その血管が活性酸素によって酸化することにより飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)の症状の原因になる可能性があります。但し、眼病による飛蚊症だったら、これらのサプリメントを摂取しても症状は解消されないでしょう。



それ以外にも、硝子体を構成する成分で、水分(あるものに含まれている水のことです)を保持する役割に優れているヒアルロン酸(水溶液は無色透明で、ゲル状になっています)。サプリを利用する場合には、まず、自分がどのような飛蚊症なのか、医師の診断を仰いでからにして下さいねそのために、抗酸化サプリメントを摂取する事で、酸化した細胞を体内から排除し、飛蚊症など体の酸化に関わる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を軽減する事が期待出来るでしょう。







今日のお薦めサイト集!?

飛蚊症の治療

飛蚊症と食事の関連は?







この記事の関連ワード
クリーム とる方法 コンシーラー 沢尻エリカ 手術 

posted by ltx76 at 12:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

目のくまに効果のある漢方薬はあるの?

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?今日も来てくれてありがとう。

目の下にクマができる原因に、血行不良があるようです。

血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)とは文字通り、血液の循環が悪くなることですが、血行が悪くなってしまうと、血液中の酸素が不足します。

すると、ヘモグロビン(ほとんどの動物の血液中にある呼吸色素たんぱく質です)が暗赤色となり、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるようになってしまうという訳。

血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)を改善することによって、目の下のクマもかなり改善されるみたいです。

血流が悪くなってしまう要因はいろいろあるものですが、一番は自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)が上手にコントロールしなくなるから。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで構成されており、これらのバランスが乱れると、血液のスムーズな流れにも乱れが生じるようになります。

自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)のバランスを整える一つの手段として、呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)があるようです。

特に、ヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)などで行っている腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)がおすすめです。

息を鼻から、おなかと胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)がいっぱいになるまでのんびり吸い、口からゆっくりと最後まで吐き出す。

これを10分間くらい続けるとすごく気持ちがすっきりしてくるものです。

就寝前に行うと、血流が良くなるに限ったことではなく、良い睡眠を得られます。

感情が乱れたときにも、この呼吸することで落ちつかせることができますよ。

感情(あまりにも激しすぎると人付き合いが難しくなるものです)の乱れは血流が悪くなる原因でもあるため、ぜひ行うと良いでしょうね。

目の下のクマと呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)、一見なんの関係もないように思えますが、実は意外に関わりがあるんです。

ただし、呼吸法(ヨガや空手、気功、マラソンなどは、それぞれ独自の呼吸法があります)は続けることで効果を実感できるので、毎日行うようにして下さい。



今日のサイトのご案内!?
目のくま対策
目のくまを消すには?
目のくまと薬



それでは、またね~(^・^)Chu♪


こんにちは~、皆様いかがお過ごしですか?

目の下にクマがあると、老けて見えたり、疲れているように見えるなど、陰鬱な感じがしますね。

何とかしたい目の下のクマだからって、原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)の多くは、皮膚の下のヘモグロビン(酸素よりも一酸化炭素の方が結合しようとする力が強いため、一酸化炭素中毒を起こしてしまうこともあります)やミオグロビンなどといった色素、そして、血管が透けて見えているからなのです。

目の下の皮膚(実は常在菌がいるそうです。

そう考えるとちょっと怖いかもしれません)は0.6ミリと非常に薄く、卵の薄皮程度しかないんですよ。

その為に、肌の調子により、色素が透けて見えてしまうのです。

でも、なぜ血管が透けて見えるようになるのかもしれませんか。

原因としては、十分な睡眠が取れていないや食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)の乱れ、疲労、加齢、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)、冷え、その他の病気などが挙げられます。

暗い印象を与えてしまう目の下のクマ、解消する方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)は幾つかあるものですが、その中の一つとしてあげられるのは漢方薬です。

クマを漢方的に考えると、疲労やストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が溜まってくると起きやすい「気滞血オ」。

つまり、気の流れが上手にいかない(気滞)状態と、血流が悪くなった状態のことです。

さらに言えば、女性ホルモンを始めとした内分泌を司る「腎」をしっかり補うことで、気になる目の下のクマは解消されるという訳。

どういう漢方を使うかは、専門家により異なるみたいですが、主に体を温める効果アリ生薬や、ホルモンバランスを整える生薬を数種類(まずはこれを把握することが第一歩となります)混合したもの等を服用する事となります。

服用に際しては、必ず漢方薬の専門家に相談することが重要になります。

また、効果があらわれるまで時間がかかりますから、気をながく持って続けるなさってくださいね。



お薦めサイト!
タバコと目のくま
口コミで広がっている、「ホワイトピクシィリアイズ」
目の下のふくらみが原因な人には眼窩脂肪を取り除く治療法が効果的



さてと、また会いましょうね (⌒0⌒)/~~~


この記事の関連ワード
の治し方 種類 サプリ 沢尻エリカ カシス 

posted by ltx76 at 00:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

目のくまができる理由とは?

おはようさんです。皆さまはお元気ですか?

目の下の皮膚はとても薄いので、何かの原因(もちろん改善できない時もあります)があると、くまとして現れてしまうはずです。

くまが発生する原因として様々あるため、今回はくまが出来てしまう原因(これを明らかにしないと同じ轍を踏むことになりかねません)に関してご説明したいと思います。

目の下の皮膚(実のところ、ここには常在菌がいるそうですよ)はすごく薄く、目の下にはたくさんある毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)が通っているみたいです。

パソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)を長時間見継続する事によっていたり、睡眠不足(睡眠時間を気にするだけでなく、睡眠の質も重視すべきでしょう)であったりすると、目の下の毛細血管(拡張状態になると、皮膚の表面が赤くなってしまいます)の血液循環(ウイリアム・ハーベーが1628年に血液循環説を唱えるまでは、血液は肝臓で作られて各器官で消費され、循環するとは思われてなかったそうです)がとても悪くなります。

血液の循環が悪くなると、毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)を流れている血液が黒くなり、それがくまとなって目の下に表われてしまいます。

疲労やストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)、冷えなども、くまを発生させる要因となるなのです。

それに、大半の女性にとって、欠かすことの出来ないアイメイク。

実は、このアイメイクが目のくまを作ってしまっている原因(これがあって結果があるというのが物事の道理というのですね)でもあるなのです。

化粧品の成分が目の下の薄い皮膚を刺激してしまい、色素沈着(原因としては、日焼け以外にも、加齢やホルモンバランスの乱れなどがあるでしょう)を起こしてしまう事で、くまが発生してしまう事も少なくないのです。

色素沈着(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)はアイメイク以外にも、目をよく擦ってしまったり、紫外線を浴びることが原因でも起こるなのです。

さらに、目のくまの原因として、皮膚の老化があります。

皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。

キレイであるのにこしたことはありません)が老化することにより、目元のハリや弾力が不足してしまって、目の下の皮膚がたるんだり、くぼんだり、シワが出来たりして、くまと思っています。

皮膚(実のところ、ここには常在菌がいるそうですよ)の老化を防ぐために、抗加齢を心掛けるのも、目のくまを防止する上では大事ですね。



今日のリンク集!?
目のくまの原因
ターンオーバーと目のくまの関係
目のくまと種類



さてさて、―地球滅亡まであと365日―、えっあと1年?


この記事の関連ワード
の治し方 きれいに消す 消去 カシス 病気 

posted by ltx76 at 22:40| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。